日本弁理士会東海支部について

支部長ご挨拶

日本弁理士会東海支部 支部長 小西 富雅

日本弁理士会東海支部は、東海5県(愛知、岐阜、三重、静岡、長野)を管轄とする日本弁理士会の地域組織として平成9年1月31日に設立され、本年度で20年を迎えます。支部所属弁理士は約800名で、そのうち、約200名の弁理士が各種委員会活動に活躍しています。
当支部は、設立以来、伝統的に地域社会の知財活動に対して貢献をしてまいりました。支部設立20周年の節目を契機として、地域社会の知財活動に対する貢献をより一層充実させて参ります。
中でも、ものつくり産業が盛んな東海地域を支える中小企業に対する支援に注力してまいります。
中小企業へ直接赴く知財キャラバン事業、中小経営者と膝を交えて語り合う知財サロン、中小企業経営者へ最新の知財情報を提供するセミナーなど、地方公共団体その他の関係諸機関様と連携を取りながら、中小企業経営者のニーズに即した支援メニューを提供いたします。

また、一般の皆様方にも、休日パテントセミナーや無料相談会等を通じて、知的財産について広く親しんで頂き、ひいては弁理士が身近なものに感じて頂けるようになりましたら幸いです。

皆様のご指導、ご鞭撻をお願い申し上げます。

日本弁理士会東海支部 支部長 小西 富雅(コニシ トミマサ)