東海支部の活動について

新聞掲載記事

更新:2008/12/16

【弁理士コラム】クリスマスのお願い

 毎年12月の恒例行事。それは、姪や甥との「神様、お願い」です。クリスマス・プレゼントのリクエストなのですが、なぜか我が家では昔から、夜眠る前に、庭に出て、夜空のお星様(星があろうと、なかろうと。)に向かって各自、「はるか(姪の名前)の欲しいものは、OOです。神様、お願い。」と言うのが決まりになっています。
 我が家はクリスチャンではないし、姪に到っては仏教系の幼稚園に通っているので、両手を合わせて拝んだりしているのですが、なかなか微笑ましく楽しい時間です。
 子供って、どうしてあんなに真剣に遊んで、真剣に食べて、真剣に会話できるのでしょう。いつでも「今」という瞬間に集中していて、無条件に家族が大好きで、大好きな人達と一緒にいる、ただそのことに安心しきって、満足して生きているみたい。そういう真っ直ぐな心に触れられる瞬間をとても大切に思います。
 今日12月8日は太平洋戦争の開戦日です。67年前の子供達はクリスマス・プレゼントの「神様、お願い」など思いもよらなかった事でしょう。67年後はどうでしょうか。子供達が、安心して真っ直ぐな心で「神様、お願い」ができる世界でありますように。


弁理士 関根 由布