東海支部の活動について

新聞掲載記事

更新:2009/09/30

休日パテントセミナーのお知らせ

-特許/商標/意匠/ソフトウェア等を分かり易く解説-

 日本弁理士会東海支部では、9月から2月までの半年間に、10回に分けて「休日パテントセミナー」を開催し、特許/商標(ブランド)/意匠(デザイン)/ソフトウェア等の各種の知的財産権について、弁理士が分かり易く解説します。
 場所は「名古屋商工会議所ビル3Fの第5会議室」、時間は土曜日の「13:30~16:00」であり、全て無料です。
 全講義を通して受講されてもよく、興味のある講義のみを受講することも可能です。事前に「日本弁理士会東海支部」に申し込みして頂くことが望ましいのですが、席に余裕がある場合は、当日の申し込みによる受講も可能です。
 第1回から第5回までは「基礎編」、第6回から第10回までは「応用編」です。
 以下に、各回の担当弁理士による講義内容の簡単な紹介を記載します。

<基礎編(第1回~第5回)>

・第1回(拒絶理由通知ってナニ?/9月12日)
 拒絶理由通知は、出願内容を審査した結果、「特許できない」と審査官が認定して出される通知ですが、そこには特許取得へのヒント等、様々なメッセージが隠されています。そのような観点から、拒絶理由通知に対する応答のヒントを分かり易く解説します。

・第2回(特許入門/10月10日)
 発明を有効な特許に育てるためには、様々な注意点があります。失敗の多くが特許出願前の行動に潜んでいます。そこで、特に中小企業に焦点を当て、特許出願前の注意点について「失敗事例」を示しながら解説します。

・第3回(ソフトウェアは知的財産権?/10月24日)
 コンピュータソフトを利用したシステムは、現在、幅広く利用されています。このコンピュータソフトは、特許権で保護されるのか、はたまた、著作権で保護されるのか、開発したソフトウェアの保護策を解説します。また、何気ないソフトウェアの使用が他人の権利を侵害することにならないか、についても解説します。

・第4回(模倣品対策/11月7日)
 世界中に模倣品が溢れています。また、その類型は様々です。では、模倣品への対応方法をご存じでしょうか?水際対策、商標権・意匠権・不正競争防止法等を活用したデザインやブランドの保護など、模倣品への対応について解説します。

・第5回(中小企業の成功事例紹介/11月21日)
 事業展開に際して、中小企業が特許/商標/意匠等の知的財産をどのように活用して成功したかを、具体的な事例に即して解説します。

<応用編(第6回~第10回)>

・第6回(製品を知財で保護する方法/12月19日)
 自社で開発した製品をライバル会社にマネされないように、知的財産でどのように保護するか説明します。開発の過程、開発が完了して販売前等での特許、実用新案、意匠、商標の出願と権利取得の進め方、特許調査の必要性について説明します。

・第7回(商標の活かし方/1月9日)
 中小企業における商標の重要性、商標選定に当たって注意すること、商標の出願から権利化まで、さらに、商標の侵害対策等について、分かり易く解説します。

・第8回(強い特許権を取るための発明の捉え方/1月23日)
 発明とは何か、一見単純そうに見えて、実は奥が深い。これが発明の特徴です。発明は概念(目に見えないもの)であるため、非常に捉えにくい側面を持っています。本講義では、発明をどのように捉えるかについて、具体例を挙げて解説します。

・第9回(ソフトウェアの保護と活用/2月13日)
 ソフトウェアの機能を真似されたくない場合、特許権で保護する必要があります。しかし、特許取得のために何を用意したらよいか分からない場合が多いようです。ソフトウェア特許を取得する上での必要事項について解説します。また、インターネットには国境が無く、考慮すべき特殊な事項があるため、外国の事情等についても言及します。

・第10回(実践!特許出願書類の書き方/2月27日)
 特許出願書類を作成する場合の留意点を分かり易く説明します。具体的な実例に基づいて、請求項の立て方、図面の準備、明細書の内容の記載順、実施形態の説明の仕方等を学びましょう。
 なお、「休日パテントセミナー」は、静岡県、岐阜県、三重県、長野県でも同様に開催します。詳細は、日本弁理士会東海支部にお問い合わせください。

日本弁理士会東海支部 知的財産権制度推進委員会
委員長 弁理士 丸山 明夫

休日パテントセミナー予定表 休日パテントセミナー予定表