東海支部の活動について

新聞掲載記事

更新:2011/10/28

【弁理士トーク】私が心がけていること

 私は、某事務機器メーカーで企業内弁理士をしています。普段の業務としては、いわゆる、アイデア抽出業務、出願業務、拒絶理由対応業務が挙げられますが、企業の知財部員によくあるように、設計者(発明者)との打ち合わせ等、自分の机以外の場所で仕事をしていることがほとんどです。
 そんな私が普段心がけていることは、設計者を我々知財部員の“顧客”として捉えるのではなく、あくまで同じ目線で議論ができる、“パートナー”として捉えることです。よくあることですが、発明が存在して初めて知財が存在するといったように考えてしまうと、どうしても知財部員は、設計者より腰を低くしてしまいがちです。しかしながら、一メーカーの従業員である以上、設計者と対等な立場で協力し合い、会社にとって価値のある(ライバルメーカーに対して競争力のある)アイデアを創出していくことがマストになると考えています。もし仮に設計者を我々のお客さんと捉えてしまうと、設計者が満足するだけで、会社にとっては何のメリットもないアイデアを出願してしまうことになりかねません。
 私は、我々企業にとって価値あるアイデアを創出すべく、常日頃、自己の弁理士としての法律知識をベースとしつつ、関連分野の裁判例を含めた、最新の知財情報にアンテナを張るようにしています。おかげさまで、今では設計者のみなさんからの信頼も得られ、とてもやりがいを持ってお仕事をさせていただいております。

弁理士 西川 幸見