東海支部の活動について

新聞掲載記事

更新:2004/12/21

特許制度-特許法の目指すもの-

 近頃では、お茶の間に流れるニュースや新聞などでも「特許」、「著作権」、「知的財産」といった言葉に触れることが多くなりました。また少し前には、ビジネスの方法も特許になると報道されて、多くの人々の耳目を驚かせたことも記憶に新しいところです。その結果、今では多くの人々が「特許」をはじめとするいわゆる「知的財産」に関心を持つようになってきました。日々、知的財産に深くかかわる者としては、そのこと自体は、たいへんに喜ばしいことだと思います。
 しかしその一方で、特許制度を誤解されているのでは?と感じるケースに遭遇することも多くなりました。特許制度は、ちょっとしたアイデアで特許を取って大儲けをするためにあるのではありません。世の中には「手軽に特許をとって儲けよう」という類のスローガンを目にすることが多いのも残念なことだと思います。

 そもそも特許法は、産業を発展させて多くの人を幸せにするために設定された法律です。産業を発達させるためには優れた技術を開発しなければなりません。逆に、優れた技術が開発されれば、自然と産業が発達するだろうと考えられます。ですから、産業を発達させるためには、優れた技術の開発を奨励するような政策、制度を作ればよいということになります。特許制度は、まさにそのために設けられた制度なのです。
 また、如何に優れた技術を開発したからといって、それを誰にも知られないように隠していたのでは産業が発達することはありません。結局、産業を発達させるためには、優れた技術の開発を奨励するとともに、優れた技術を開発した人には、その技術を公開してもらわなくてはなりません。それで特許法では、出願された内容を全て公開してしまいます。その上で、その技術が本当に優れたものであるか審査を行って、優れた技術であると認定されれば、一定期間だけ特許権を与えることにしているのです。

 ここで、優れた技術といっても、何も歴史に残るような大発明である必要はありません。日々の生活を便利にするような身近な内容でも構いません。その意味では、家庭の主婦が生活を便利にする技術を発明して特許を取ったとしても、全然不思議なことではありません。しかし、間違えないで欲しいのですが、ただの思い付きでは特許を取ることはできません。単なる思い付き程度のことであれば、多くの人があちこちで思い付くものです。その程度のものであれば、敢えて特許権を与えて奨励する必要など無いのです。
 大切なことは、思い付きを単なる思い付きで終わらせないことです。思い付いた技術では、何か上手く行かない点は無いか、もっと改良できる部分は無いかを考えて、更に工夫を重ねて欲しいと思います。時には、自分で試作品を作ってみて使ってみることが必要になるかもしれません。そうして最終的に出来上がったものは、もはや単なる思い付きの域を超えたものですから十分に特許権に値します。
 こうして出来上がった製品が売り出されれば、多くの人が便利さを享受することができ、生活が豊かになります。また、製品がたくさん売れれば産業の発達に結びつきます。そして、発明した人は多くの報酬を得ることができます。特許法の目指しているのは、正しくこのような状態なのです。ですから、是非、思い付きを単なる思い付きで終わらせないで、もう一工夫することを心掛けて立派な特許を取って頂きたいと思います。

 

弁理士 三林 大介