東海支部の活動について

新聞掲載記事

更新:2015/02/27

弁理士の「おしごと」

   弁理士という職業は、一見して地味に思われがちです。しかし、知的財産活動のグローバル化に伴い、他の士
  業と比べても、弁理士が国際的に活躍する機会が増えています。
   最近、テレビドラマで「世界特許」という言葉を耳にしました。この「世界特許」とは、例えば日本国1国の
  みで取得した特許が世界中で有効に保護されるといった概念です。しかし、現時点で「世界特許」なる制度は存
  在せず、各国ごとに手続きをして特許権を取得することが必要です。(例えば、日本国と米国の2カ国で特許権
  を取得したければ、2カ国で個別に出願・登録手続きを経なければならない。)
   そこで、我々弁理士は、国内のお客様の日本国特許庁への出願手続きを代理するだけでなく、国内のお客様が
  外国に出願して世界中で特許を取得することを支援し、そして、外国のお客様による日本国での特許取得をも支
  援しています。
   現在、知的財産制度は、アジア、欧米、中南米、アフリカを含む世界中の国々に普及しています。そして、我
  々弁理士は様々な国の代理人(弁理士)とネットワークを築いて仕事をしています。このように世界中の人々と
  交流できることも、弁理士のお仕事の醍醐味のひとつであるといえます。

                                            弁理士 橋本 哲