東海支部の活動について

新聞掲載記事

更新:2016/08/31

論文求む。

   日本弁理士会東海支部から支部開設20周年記念事業として論文の募集が行われています。今回はその概要を紹
  介します。

    内容 論文のテーマは、「知的財産で育てる○○」。○○(文字数不問)は東海にちなんだ内容で自由に考え
       て提言を行えばよいとのこと。
    規定 郵送、応募フォームで応募。4000~5000字程度。参考・引用個所は出典を明記。但し、弁理士は応募
       不可。
    賞  最優秀1編=20万円 優秀2編=10万円 佳作4編=5万円
    締切 9月30日
    発表 12月末頃(予定)、ウェブサイト上
    主催者から
     東海地区は、新たな産業の発信地です。幅広い分野で日本のものづくりを牽引していますが、知的財産が
    東海にどのように役立っているのか?これからの東海のために知的財産をどう活用していくのがよいのか?
    知的財産で東海を育てる、あなたならではの提言をお待ちしております。


   普段から東海地方で知的財産活動に関わっておられる方、或いは東海地方に関連の深い知的財産に関心をお持
  ちの方は、ご自身の活動や研究の集大成として、今回の論文募集に応募されては如何でしょうか。
   詳細は日本弁理士会東海支部のホームページに掲載されていますので、ご覧ください。

                                           弁理士 藤川 敬知