東海支部の活動について

新聞掲載記事

更新:2017/01/31

東海支部開設20周年にあたり

1.はじめに
   日本弁理士会東海支部は今年度で支部開設20周年を迎えました。これも一重に皆様方のお力添えがあってこ
  そと感謝申し上げます。
   当支部は、開設以来、伝統的に地域社会の知財活動に対して貢献をしてまいりました。本年度は支部開設20
  周年の節目に当たりますのでこれを契機として、地域社会の知財活動に対する貢献をより一層充実させています。
  中でも、ものつくり産業が盛んな東海地域を支える中小企業に対する支援に注力しております。中小企業へ直接
  赴く弁理士知財キャラバン事業、中小企業経営者と膝を交えて語り合う知的財産経営サロン、中小企業経営者へ
  最新の知財情報を提供するセミナーなど、中小企業経営者のニーズに即した支援メニューを提供させて頂いてい
  ます。

2.支部開設20周年記念事業
   支部開設20周年を記念して下記要領で支部開設20周年記念セミナーを開催いたします。
    日 時:2017年1月27日(金)13:00~16:00(受付は正午より)
    場 所:名古屋観光ホテル 3階那古の間(名古屋市中区錦1-19-30 電話052-231-7711)
    定 員:600名
    対 象:一般、学生、大学・企業の知財部門・研究者・技術者、ベンチャー起業を目指す方、中小企業の経
        営者、知的財産関係者
    参加費:無料

3.セミナーの内容
   東海エリアは、自動車産業をはじめとして「ものつくり」に強みがあり、その影響力は全世界に及んでいます。
  大企業といえども創業当初はヨチヨチ歩きでした。その歴史を紐解きますと、ヨチヨチ歩きの中小・中堅企業が
  世界に羽ばたくには知的財産が不可欠だったことがわかります。ここに、私達の使命があるものと考え、今回の
  セミナーのテーマを「知的財産で育て!東海エリアの企業」としました。
   第1部では、一般社団法人 中部経済連合会 審議役・調査部長 川瀬 康博 様より基調講演:「東海エリア
  の中小・中堅企業の生きる途を考える。世界に向けて羽ばたくために…」との基調講演を頂きます。東海エリア
  の特質を踏まえて広い見地から企業が育つための環境、条件を考え、企業が発展する中で知的財産が貢献できる
  途を探ります。
   第2部では、今回の趣旨にご賛同いただきました企業での知的財産の具体的活用事例を紹介します。具体的に
  は次の3社より知的財産の活用事例を発表して頂きます。
  (1)ファインバブル、シバタエンジンの開発
     発表者 株式会社シバタ 代表取締役社長 柴田 芳樹 氏
  (2)私の未来の“カタチ”と知的財産権
     発表者 東海理研株式会社 代表取締役社長 佐藤 明広 氏
  (3)ショップジャパンの知財活動~シリーズ累計販売台数300万台突破のワンダーコア スマートの取組事例~
     発表者 株式会社オークローンマーケティング 代表取締役社長 ハリー・A・ヒル 氏

  この講演会が、企業を育て上げていこう日々奮闘されている皆様のご参考になれば幸甚です。

4.他の事業
   東海支部は、20周年記念事業としてではなく、下記の事業を恒常的に行っています。今年度は、開設時の初
  心に戻り、各事業により一層精進させて頂いています。
  (1)一般市民に向けて
     休日パテントセミナー、無料知的財産相談窓口
  (2)次世代の子供たちに向けて
     教員に対する知財制度説明、子供たちへの直接講義、工作教室,科学教室
  (3)広く地域社会に向けて
     異業種交流会「メッセナゴヤ」への参加(済)、弁理士の日の記念イベント(済)

5.中小企業支援への注力
   中小企業支援には特に力を入れています。
  (1)訪問型支援
     日本弁理士会が推進する弁理士知財キャラバン事業を東海地域で執行します。知財キャラバンとは事業経
     営の中に知財を上手く活用した事業戦略を立案する知財経営コンサルティングのスキルをもった弁理士が
     直接企業を訪問し、企業の業績アップに貢献する活動です。
  (2)中小企業経営者との意見交換
     中小企業経営者と弁理士の知財に関する意見交換の場である知的財産経営サロンを運営しています。

                                       支部長 弁理士 小西 富雅

知的財産セミナー(昨年の様子) 知的財産セミナー(昨年の様子)

知的財産セミナー(チラシ) 知的財産セミナー(チラシ)