東海支部の活動について

新聞掲載記事

更新:2017/02/28

イギリスのEU離脱

   昨年、イギリスが国民投票でEU離脱を決めたことは、世界で大きなニュースとなりました。イギリスのEU
  離脱(BREXIT)が特許などの知的財産権へどのように影響するか、関心を持たれている方も多いと思いま
  すので、考えられる影響について簡単に紹介します。
   まず、特許に関し、欧州特許条約(EPC)に基づく欧州特許に対してはBREXITの影響はありません。
  欧州特許条約はEUとは独立した制度であり、イギリスはEUから離脱してもスイスやトルコと同様に欧州特許
  条約の加盟国として存続するからです。
   一方、意匠と商標にはBREXITの直接的な影響が考えられます。すなわち、登録共同体意匠(RCD)は、
  EU加盟国に対して効力を持つ制度のため、EU離脱後のイギリスには適用されないことなります。また、欧州
  連合商標(EUTM)もEU加盟国を対象とする制度のため、イギリスは保護範囲から外れることになります。
   イギリスの正式EU離脱まで少なくとも2年の猶予があり、イギリス国内で離脱後の保護措置について議論さ
  れる余地もあることから、現時点ですぐに対応を取る必要性は高くないと思われますが、今後の動向をウォッチ
  ングしていくことは重要であると考えます。

                                           弁理士 藤川 敬知