東海支部の活動について

新聞掲載記事

更新:2005/09/29

知的財産権を学ぶ 休日パテントセミナー2005in名古屋

無料市民講座 休日パテントセミナー2005in名古屋

 今年も9月~3月の原則第3土曜日に、合計7回にわたって休日パテントセミナーを開催します。各セミナーは、すべて参加費無料ですので、奮ってご参加下さい。第1回は、9月17日(土)です。
 休日パテントセミナーは、中小・ベンチャー企業関係者、一般の方々を対象に、日本弁理士会東海支部が主催する無料市民講座です。昨今、注目を浴びている知的財産権について正しい知識を知ってもらい、参加者の皆様に役立ててもらいたいとの思いから、平成12年に幕を開け、本年で6年目を迎えます。
 特許や実用新案、意匠、商標、著作権などの言葉は、最近、多くのマスコミで頻繁に耳にしますが、その実態はなかなか知られていないのが実情です。また、書店でこれらの専門書を購入して、独自に学ぼうとされた方も多々いると思いますが、知的財産権は、まだまだ一般の生活には馴染みが薄く、このため、専門書を独自に読んだだけでは理解し難いのも事実です。

 そこで、日本弁理士会東海支部では、これらの方々の手助けができればと、毎年9月から3月の土曜日を利用して、休日パテントセミナーを開催しています。各セミナーの講師は、すべて日本弁理士会東海支部の弁理士です。知的財産権の専門家である弁理士が、各テーマを分かり易く説明します。各セミナーの最後には質疑応答の時間を設けていますので、講義内容に疑問がある場合には、その場で解決できます。
 受講者の中には毎年参加されている方も多くいます。当然のことながら、それらの方々の知的財産権に関する知識レベルは年々向上しています。一方で、休日パテントセミナーに初めて参加される方も多くいます。そこで、本年度は、初めて参加される方を対象にした基礎編(午前の部)と、継続的に参加され、レベル上がった方を対象にした応用編(午後の部)との2部制を採用しましたので、ご自分のレベルに合わせてセミナーを受講して頂くことができます。基礎編と応用編とは午前の午後に分けて同じ日に行いますので、双方を受講して頂くことも可能です。

 基礎編は、特許(第1,5回)、商標(第2,6回)、著作権(第3,7回)の各講座をそれぞれ2回ずつ行います。講義内容は同じですので、いずれか一方に参加して頂ければ十分です。また、同じ講座を2度受講し、知識をより確実なものにすることも可能です。応用編は、知的財産権の概説(第1回)に始まり、発明の発掘から特許権の取得まで(第2回)、各分野毎の明細書の書き方(第3,4回)、特許活用の実例(第5回)、商標活用の実例(第6回)、特許管理の必要実例(第7回)を、各テーマとしてセミナーを行います。すべてを通して受講して頂くことも、特定の回だけを受講して頂くことも可能です。ご自分に適したように受講して頂ければ結構です。
 以下に、各セミナーの日程表を掲載します。ご興味のある方は、日本弁理士会東海支部へ申込の上、奮ってご参加下さい。
(会場)愛知県産業貿易会館
(時間)基礎編(午前の部)10:30~12:00(第4回は休会)
    応用編(午後の部)13:30~16:00
(主催)日本弁理士会東海支部
(問合せ・申込先)TEL052-211-3110

弁理士 兼子 直久