東海支部の活動について

新聞掲載記事

更新:2006/08/05

無料特許相談(特許・意匠・商標なんでも110番)

 弁理士会東海支部では、弁理士の社会貢献活動の充実を目指して、無料特許相談等の知的財産昂揚普及活動を行っております。知的財産についての専門家である我々弁理士は、社会からの知的財産に対する要望を満たす社会貢献活動に積極的に取り組むべきであると近年益々認識しています。無料特許相談を担当する東海支部所属の弁理士が、輪番制、無報酬で活動しています。

 弁理士会東海支部は名古屋商工会議所8階にあり、毎週月曜日から金曜日(祝日を除く)の午後1時から午後4時まで無料特許相談を実施しています。12月28日から翌年1月7日はお休みです。無料特許相談を希望される方は、TEL052-211-3110にご連絡ください。ご来訪による相談希望の方は予約をお願いします。

 電話相談は、ご来訪による相談者の方がいないときに限り可能です。電話相談の予約、メールでの相談は受付けておりません。調査、鑑定、明細書の作成や内容修正など、無料相談の範囲を超える相談案件については、応じられない場合があります。調査、出願等を希望される方は、相談担当弁理士に依頼できるほか、一般向けの無償サービスとして東海支部所属弁理士の紹介制度を利用することもできます。弁理士へ手続を依頼される際、依頼の内容と弁理士費用について、弁理士との間でご確認ください。

 東海支部地域以外での相談を希望される方は、日本弁理士会ホームページ「無料特許相談」をご覧下さい。当相談室での相談内容について、日本国や諸外国の特許・実用新案・意匠・商標の産業財産権についての調査、出願手続、中間手続、鑑定、異議申立、訴訟のほか、著作権、特定不正競争等も含めた知的財産権全般に関する権利の取得から活用まで対応しています。

 我国の産業財産権制度は先願主義を採用していますので、一日も早く出願することが大切です。出願前に公表・販売するなどの場合、原則、権利化できないことになりますので、その前にまずご相談下さい。強い権利を取得するためにも最初から弁理士に相談するのが賢明です。最近では法改正が頻繁に行われ、注意点も多々ありますので、無料特許相談室をご活用ください。弁理士には守秘義務があり、皆様からの相談事項につき秘密は固く守られますので、安心してご相談頂けます。

 弁理士会東海支部では、皆様からの知的財産制度に関する相談のニーズにお答えできるように、今後とも内容を一層充実させてゆくように努力いたします。当相談室について皆様からご要望等がございましたら、遠慮なくご連絡をお願いします。

弁理士 尾崎 隆弘