東海支部の活動について

支援活動報告

日本弁理士会東海支部が各地で行った支援活動をご紹介しています。

2013/02/28

日本弁理士会東海支部主催「休日パテントセミナー2012in名古屋(第6回)」

1.日 時:平成24年12月1日(土)13:30~16:00

2.場 所:名古屋商工会議所ビル 3階第5会議室

3.名 称:日本弁理士会東海支部主催「休日パテントセミナー2012in名古屋(第6回)」

4.内 容:発明したらどうするの?~発明の抽出から特許出願までの道のり~

5.対 象:一般市民、企業関係者など93名

6.担当部署:日本弁理士会東海支部 UR-10委員会

7.講 師:日本弁理士会東海支部 UR-10委員会 委員 金井 憲志、渡邉 賢司

8.コメント:
 発明の抽出から特許出願までにすべきことについて、前半と後半とに分けて説明しました。当日は、晴天のためか、参加人数がかなり多く、幅広い年齢層の方がみなさん熱心に聴講されていました。また、基本的な内容のため、高校生の方も数人聴講されていたように思います。
 前半では、特許制度の概要から、発明の種類、単一性、発明の抽出時における注意点を説明し、後半では、特許調査の方法としてIPDLを使った調査方法を説明しました。
 前半では、特に、発明の種類、単一性、発明の抽出時における注意点が受講者の関心が高い点だったように思います。前半終了時には、それに関するいくつかの質問もありました。後半は、実際にパソコン上でインターネットを使用してIPDLの使い方を説明したため、受講者にとっては親しみやすかったのではないかと思います。
 今回は、時間の関係上、前半講義で単一性の話を具体的に説明することができませんでしたが、質問事項の中に単一性の話に関するものもあったため、単一性の話をもう少し具体的に説明する必要があったかもしれません。また、後半講義では、IPDLを使って特許文献を検索するときに検索式の入力に手間取ってしまったことが反省点です。
 講義終了後に質疑応答の時間を設けましたが、内容が基礎的なことであり、受講者も初心者が多数であるためか、全体での質問の数が少なかったように思います。その後、講義を一旦終了し、個別に質疑応答の時間を設けましたが、全体では質問し難かったのか、多数の質問がありました。個別の質疑応答に対応していたために、予定終了時間を越えてしまいましたが、全体的に大きな問題はなかったのではないかと思います。

日本弁理士会東海支部 UR-10委員会
委員 金井 憲志、渡邉 賢司

2012/12/28

富士宮市・富士宮商工会議所と日本弁理士会との知財支援協定に係る「富士宮市制70周年「産業フェア」第10回富士宮商工まつり」における知的財産相談

1.事業名:富士宮市・富士宮商工会議所と日本弁理士会との知財支援協定に係る「富士宮市制70周年「産業フェア」第10回富士宮商工まつり」における知的財産相談

2.日 時:平成24年11月17日(土)10:00~16:00

3.場 所:富士宮市民体育館及び同駐車場

4.実施者:(主催)富士宮市・第10回富士宮市商工まつり実行委員会

5.内 容:知的財産相談、当会広報活動、知的財産関係パンフレット等配布、知的財産関連DVD上映

6.対象者:富士宮市民等

7.担当部署:日本弁理士会東海支部 静岡県委員会

8.相談員:日本弁理士会東海支部 静岡県委員会 委員 石垣 達彦

9.コメント:
 産業フェァの会場に設けられた展示ブースにおいて知的財産相談を担当いたしました。当日は雨模様でしたが、多数の来場者があり、展示ブースにも多くの市民の方が来られて展示をご覧になっていました。知的財産相談については、具体的な案件に関する相談は1件もありませんでしたが、来場者からは、多くの質問が寄せられました。富士宮市は知的財産に関する各種事業を推進しているだけあって市民の関心も高く、特許権や著作権についてはよくご存じのようでしたが、弁理士については殆どの方が知らないとのことで、日本弁理士会のパンフレットを使用して知的財産と弁理士について説明に務めました。
 また、展示資料としては、日本弁理士会東海支部の活動内容や、富士宮市の知的財産に関する取り組み(市や市内企業の特許、実用新案、商標の出願事例等)について紹介されており、これらの展示資料を用いて説明しました。多くの方は、知的財産の内容や弁理士の役割についてある程度理解していただけたものと思います。

日本弁理士会東海支部 静岡県委員会
委員 石垣 達彦

2012/12/28

日本弁理士会東海支部主催「愛知県常滑市立常滑東小学校における知的財産授業」

1.事業名:日本弁理士会東海支部主催「愛知県常滑市立常滑東小学校における知的財産授業」

2.日 時:平成24年11月20日(火)8:45~12:25
        (第1時限8:45~9:30、第2時限 9:40~10:25、第3時限10:45~11:30、第4時限11:40~12:25)

3.場 所:愛知県常滑市立常滑東小学校

4.内 容:座学「特許ってなんだろう?」及び工作「電子万華鏡」

5.対 象:第6学年3クラス116名

6.担当部署:日本弁理士会東海支部 教育機関支援機構

7.講 師:
 日本弁理士会東海支部 教育機関支援機構 機構長 山本 喜一、副機構長 森 徳久、運営委員 石川 崇朗、北 裕介、近藤 由美、寺坂真貴子(座学担当)、橋本 由佳里、山田 健(工作担当)、吉田 元治、和気 光

8.コメント:
 第1時限目に、大教室において第6学年3クラス分の全児童を対象に、座学授業「特許ってなんだろう?」を実施しました。まずスライドで弁理士、知的財産権という言葉を説明し、次にレオ君物語を上演しましたが、連絡に行き違いがあったため、すでに一・二章を観覧済みの児童達ばかりでした。急遽、第三章を演じました。
 また、サラカップルの導入部を紹介して実際に絵を描いて発表してもらい、手を動かしてアイデアを出すことの重要性、その苦労を保護する特許制度の重要性を説明しました。
 質問に挙手して答えてくれる子供もいて、反応から、発明と特許の関係について、興味を持ってくれたと感じられましたので、たいへん有意義であったと思います。
 その後、第2~4時限目に、図工室において、工作教室「電子万華鏡」を、3クラス実施しました。講師の先生方や担任の先生方のサポートを頂戴することで、何とか工作教室を行うことができました。工作担当の拙い進行にもかかわらず、着々と電子万華鏡を完成させていく子供たちの姿に頼もしさを感じました。また、子供たちの中には、効率的な紙の切断方法や糊付け方法等を独自に工夫する者もおり、感心しきりでした。座学や工作中の子供の表情を観る限り、知財普及の一助になったと感じることができました。ご依頼があれば是非来年も実施させていただきたいと思いました。

日本弁理士会東海支部 教育機関支援機構
運営委員 寺坂 真貴子、山田  健