新着情報

  • トップページ
  • 新着情報
  • [1月27日]東海支部開設15周年記念「知的財産セミナー2012-中部経済のパラダイムシフトと技術開発戦略・...

新着情報

更新:2011/12/21

[1月27日]東海支部開設15周年記念「知的財産セミナー2012-中部経済のパラダイムシフトと技術開発戦略・知財戦略-」のご案内<終了しました>

知的財産セミナー2012

■開催趣旨■
 日本弁理士会東海支部は、東海地区の知的財産活動の充実、発展に貢献すべく、「休日パテントセミナー」を開催するなど、各種の知的財産啓発事業を展開しています。日本弁理士会東海支部の開設を記念して毎年1月に開催するこの知的財産セミナーもその一つです。
 いわゆるリーマンショック以降、景気回復の兆しが見え出した矢先の東日本大震災により被災地域のみならず我が国の経済及び産業に大打撃を与えました。
 その震災を契機としまして、日本経済の改革のピッチが早まっており、また、最近の円高が中部経済を牽引してきた自動車産業の構造変革のピッチを更に早めようとしています。
 そこで、そのような中部経済のパラダイムシフトの中で中部経済の将来を考察し、企業の技術開発戦略、知財戦略について新たに思考するために本セミナーを企画しました。
 なお、東海支部は平成24年1月31日に開設15周年を迎えます。

■開催日時■ 平成24年1月27日(金) 13:00~17:00 (受付 正午より)

■開催場所■ ヒルトン名古屋 5階「扇の間」(名古屋市中区栄1-3-3 電話052-212-1111)

■開催内容■

知財講演「知的財産戦略による技術開発又は事業支援とは」(13:10~15:55)

  (第1部)「開発現場の視点からの知財戦略」(13:10~14:00)
   講 師:鈴木 剛 氏(ブラザー工業株式会社 知的財産部長)
   内 容:事業に直結した開発現場の視点で考える知財戦略についてご紹介します。
  (第2部)「知財戦略による技術開発支援」(14:00-14:50)
   講 師:青木 昇 氏(日本特殊陶業株式会社 知的財産部長・弁理士)
   内 容:技術開発を支援するためには、研究開発テーマの選定時から知財戦略も含めた事業戦略を立てていくことが必要です。
   よく言われている知的財産情報を役立てていくことも含めて、弊社としての取組みの一端をご紹介します。

   [休憩15分]

  (第3部)「知財戦略無くして事業戦略無し」(15:05-15:55)
   講 師:碓氷 裕彦 氏(株式会社デンソー 知的財産部長・弁理士)
   内 容:環境・安全に配慮した次世代自動車用のシステム製品を開発しているデンソーでは、「知財戦略無くして事業戦略無し」を
   コンセプトに、開発の初期から技術部門と知財部門が一体となって知財活動を推進していますので、この活動内容を説明します。

特別講演「中部地域のモノづくり企業の進路」(15:55-16:45)

   講 師:山田 基成 氏(名古屋大学大学院経済学研究科 准教授)
   内 容:産業構造の劇的な変容に直面する中部のモノづくり企業がこれから進むべき途と、イノベーションによる新事業の創出につ
   いてご紹介します。

質疑応答<全講演に対しますご質問をお受けします>(16:45-17:00)


■主  催■ 日本弁理士会東海支部
■後  援■ 中部経済産業局、愛知県、名古屋市、名古屋商工会議所、(一社)愛知県発明協会
■定  員■ 600名(定員になり次第、締め切らせていただきます)
■参加費■ 無料
■対  象■ 一般、大学・企業の知財部門、研究者、技術者、ベンチャー起業を目指す方、中小企業の経営者、知的財産関係者。

■申込方法■
 参加を希望される方は、下記(1)~(3)のいずれかの方法にて、1月20日(金)までに、当支部へお申し込み下さい。後日入場券を発送いたします。

 (1)インターネットでのお申し込み⇒コチラからお申し込みください。
 (2)はがき又は電子メールにて、申込書の所定事項を必ずご記入の上、下記へ送付する
 (3)申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、下記へFAXする

 

※入場券をお送りしますので、必要事項は明確にご記入下さい。また、複数名お申し込みの場合は、別紙に氏名等をご記入下さい。
※いただきました個人情報は、本セミナーを円滑に実施するために必要な範囲に限って利用する他に、当支部からのイベント情報の提供に利用させていただくことがあります。

■申込先・問合先■
 日本弁理士会東海支部
 名古屋市中区栄2-10-19 名古屋商工会議所ビル8階
 電話052-211-3110 FAX052-220-4005
http://www.jpaa-tokai.jp/

※知的財産(知財)権とは、特許権、実用新案権、意匠権及び商標権の総称である工業所有権(産業財産権)に著作権を含めた総称です。
※会場は室温調整が十分に出来ないこともありますので、衣服等で調整できるようにご準備下さい。
※インフルエンザ流行等の事情により中止することがあります。開催の有無は当支部ホームページでご確認下さい。

20周年記念事業