新聞掲載記事

特許とノウハウ

  • 特許(発明)
  • 戦略/活用

 自社がもつ有益な技術を守る方法として、代表的には、「特許権を取得する」と「ノウハウ(営業秘密)として秘密にする」の2つの方法があります。それぞれにメリットとデメリットがあります。特許権は、権原なき第三者 の実施を止めることができる強い権利です。一方で、特許権には期限がある上、その技術内容は世間に公開されます。また、特許権の取得・維持には相応のコストがかかります。他方、ノウハウは、秘密にすることで期限なくその技術を守ることができます。例えばコカ・コーラのレシピがそれにあたります。ただし、違法行為なく秘密が漏れた場合や、他社が独自に同じ技術を開発した場合、その実施を止めることはできません。

 どう守るかの判断指標の1つは、「商品を販売した場合、他社がその技術を把握できるか否か」です。販売した商品の技術を、リバースエンジニアリング等により他社が把握できる場合、もはや秘密にすることはできません。つまり、その技術は特許権で保護すべきといえます。他にも、侵害発見のしやすさ、特許性の有無、他社牽制効果など、判断指標となる点が複数あります。お悩みの際は、弁理士に相談するのも一案です。

弁理士 瀧川 彰人

ページトップへ