セミナー・イベント

[2月26日]長野県、日本弁理士会東海会主催「休日パテントセミナー2021in松本」

セミナー・イベント

※新型コロナウイルス(Covid-19)感染症防止対策について~研修・セミナー等の受講に関する留意事項~


日本弁理士会東海会では、起業,創業,町おこし,新商品・新サービス展開をお考えの個人・ベンチャー・中小の企業、公共・公益団体等の方々、及び、一般市民の方々を対象に、休日パテントセミナーを開講しており、当年度は長野県松本市において開講いたします。
(本セミナーは長野県と日本弁理士会との知的財産支援協定に基づき、実施されます)


日 時:令和4年2月26日(土)10:00~12:00


会 場:ホテルモンターニュ松本(長野県松本市巾上3-2 電話0263-35-6480)


講 師:日本弁理士会東海会会員 弁理士 中村 知公(日本弁理士会 意匠委員会委員)


内 容:「そのアイディア、あのデザイン、「意匠」登録してみませんか。」
    新しいアイディアを考えたとき、まずは、特許若しくは実用新案登録を思いつくことが多いと思います。また、ユニークなデザインを創作したとき、著作権の保護を
    期待すると思います。令和元年、知的財産法の一つである意匠法が改正され、アイディアやデザインを幅広く保護することが可能になりました。新しくなった意匠
    法の改正ポイントと、アイディアやデザインを保護する登録例を通じ、意匠登録の利点と活用方法をご紹介したいと思います。
    新しい意匠法は、製造業の方に限らず、建築家、内外装のデザイナー、ウェッブサイトのクリエイター、ソフトウェアのプログラマー、マーケターの方も活用できる
    内容です。ふるって御参加下さい。


定 員:45名


受講料:無料


主 催:長野県、日本弁理士会東海会


運 営:日本弁理士会東海会 長野県委員会


申込方法:参加申し込みフォームにより令和4年2月21日(月)までにお申し込みください。


問合先:日本弁理士会東海会
    名古屋市中区栄2-10-19 名古屋商工会議所ビル8階
    電話:052-211-3110 FAX:052-220-4005

ページトップへ