メディア掲載情報

当たり前の技術を特許にする

新聞掲載記事

     「この改良発明は、当たり前の技術かもしれませんが特許になりますか?」といった内容を発明者からご相談いただくことがあります。この 答えはケースバイケースですが、発明者が当たり前と考える技術であっても特許権を取得できる可能性は十分にあります。発明者は、その技術分野における最先 端の知識を有しているが故に、客観的には特許権取得が可能な発明であっても発明者としては当たり前の技術であると思い込んでしまうことがあります。
     また、発明者が当たり前と考える技術こそ、特許権を取得できたときのメリットが大きいと考えます。なぜならば、このような技術は、同業他社の技術者も考え 付く可能性があり、先に同業他社に特許権の権利化を進められると自社での実施ができなくなってしまうためです。そのため、発明者が当たり前と考える技術こ そ特許出願を行うことが得策になるものと考えます。
     どの程度の改良発明であれば特許権取得を目指せるかについては、発明者のみでは判断が難しく、特許出願の経験が豊富な知的財産部員や特許事務所所属の弁理士が勘所を有しているため、発明に少しでも改良を加えたときは、特許権取得の可能性について相談してみてください。
                                                                  弁理士 松浦 司

    ページトップへ