メディア掲載情報

知的財産を楽しむ日~弁理士の日記念フェスタ2022~

新聞掲載記事

     「ベンリシ?何でもやってくれる人なのかな」。私が弁理士試験に合格したときに友人に聞かれた言葉です。彼女はきっと「便利屋さん」を想像したのだと思います。残念ながら、企業の知的財産部などにお勤めされているような方以外には、私たち弁理士はとてもマイナーな職業で、その弁理士が取り扱う知的財産権もかなり遠い存在のようです。
     そう、だから少しでも弁理士を知り、知的財産権を身近に感じ、そして何より、知的財産権に興味を持っていただきたいと考え、日本弁理士会東海会では、7月1日の「弁理士の日」の頃に「弁理士の日記念フェスタ」というイベントを開催しています。
     「弁理士の日記念フェスタ」では、弁理士を知っていただくため、また、発明って面白いね、知的財産って意外に私たちの生活に関係しているんだ、と感じていただけるよう、弁理士や知的財産に関するクイズラリー、知的発見の体験コーナー、商標が身近なものであることを知る商標を探そうのコーナー、実験パフォーマンスのステージショーなど、様々な「楽しく学べる」知的財産制度に関するコーナーを設けています。また、名古屋税関による偽ブランド品の展示や名古屋少年少女発明クラブによる発明品のデモンストレーションも実施しています。名古屋税関キャラクターのカスタム君と弁理士会キャラクターはっぴょんが参加するクイズ大会も開催します。
     「弁理士の日記念フェスタ」が、一人でも多くの方に、発明って面白いね、知的財産って私たちの生活の役に立ってるんだね、と感じていただける機会になれば良いなと思います。
     今年は、7月3日(日)にイオンモール名古屋茶屋にて開催を予定しています。皆様、是非遊びに来て下さいね。
                                                      知的財産権制度推進委員会 弁理士 朝倉 美知


    昨年の様子

     

    ページトップへ