メディア掲載情報

「知的財産経営サロン」を開催いたします!

新聞掲載記事

     日本弁理士会東海会では、愛知県及び名古屋商工会議所の協力のもと、本年度も「知的財産経営サロン」を開催しております。「知的財産経営サロン」は、中小企業にご参加いただいて知的財産をテーマにして行う座談会であり、10年以上継続して続いている事業です。
     「知的財産経営サロン」では、少人数グループ制の座談会形式で意見交換を行っており、中小企業の経営者、知財担当者、技術者等にご参加いただいております。グループには複数の弁理士も含まれていますので、無料で複数の弁理士の意見を同時に聞くことができる貴重な場ともなっております。参加者の皆様が日頃考えたり感じたりしている知財にまつわる疑問等をぶつけていただいたり、他の参加者の知財活動を聞いてみたり、困ったときにすぐ相談できる弁理士を見つけたり、様々な活用目的が考えられます。「知的財産経営サロン」を大いに活用していただいて、自社の経営に役立たせていただければと考えております。
     今年度の「知的財産経営サロン」については、6月16日に第1回目が弁理士会東海会室で開催されました。久しぶりにリアルでの開催となり、参加者の話が途切れることなく活発な意見交換がなされ、あっという間の1時間半となりました。今後も、9月、1月、3月で3回の「知的財産経営サロン」を開催する予定でおります。
     また、出張サロンとして、5月19日に「なごのキャンパス」でミニセミナーと座談会を行い、7月29日に名古屋工業大学で出張サロンを行いました。今後も、12月に春日井市で出張サロンを行うことが予定されております。
     開催に際しては、それぞれの時期における新型コロナウイルスの感染状況を見据えながら、適切な方式(集会方式、web会議方式、集会方式とweb会議方式を併用したハイブリッド方式)を採用する予定です。
     皆さまにおかれましては、是非とも「知的財産経営サロン」に参加していただいて、「コロナ後の世界」を見据えた自社の知財経営に役立てていただければと考えております。
     お申込みは、日本弁理士会東海会(TEL:052-211-3110)まで。随時、受け付けております。
                                                         知的財産支援委員会 弁理士 廣田 美穂

    ページトップへ